知の宝庫 東洋文庫ミュージアム

招待券をいただいたので東洋文庫ミュージアムへ。

東洋大学にも近いので、東洋大学の施設かと思ったら、三菱財閥の施設でした。

「東洋学」の興味を広めることが目的なのだとか。

展示品は期間によって入れ替わります。私は「浮世絵」の時期に行きました。

館内は撮影OK。太っ腹です!

最初に通る部屋がモリソン書庫。壮観です。

一生かかっても読み切れないであろうと思う本の数々。

これでもこの世に存在する書籍からすれば僅かなのでしょう。

私の知識なんて、ホントにホントに塵ほどもないんだな・・・と「無知の知」を感じました。

でも、一生知らないことを見聞きできるということでもある。

まだ見ぬ世界をたくさん見たい。好奇心は尽きません。

期間限定の展示室はそんなに広くはありませんが、それでも見ごたえのある作品がたくさんありました。

線、色使い、構図をまじまじと見ることができる贅沢な空間でした。

浮世絵を見ると、昔の人の彫る技術、刷る技術に感動します。

館外には知恵の小径という素敵な通路があり、その先にはカフェもあります。

小岩井農場の素材を使った食事やデザートがいただけます。

予定があったので、カフェは次回に持ち越し。

東洋文庫、穏やかに知や美の感性に触れられる素敵な場所でした。

 

*東洋文庫ミュージアム*

東京都文京区本駒込 2 – 28 – 21
03-3942-0280(ミュージアム)

【休館日】
毎週火曜日(ただし、火曜日が祝日の場合は開館し、翌平日が休館)
年末年始、その他、臨時に開館・休館することがあります。
【開館時間】
10:00〜17:00(入館は16:30まで)※当面の間
(公式HPより)




+1

お気軽にコメントください

いただいたコメントは、承認後に反映されます。

トラックバック URL

https://enjoy365days.com/spot-04/trackback/

PAGE TOP