茶碗の中の宇宙 静嘉堂文庫美術館

来年丸の内に移転するということで、

世田谷での美術展示が最後となる静嘉堂文庫美術館へ行ってきました。

見ごたえある作品が多かったのですが、私の一番の目的は

曜変天目!!

中国福建省南平市建陽区にあった建窯で作られたとされる茶碗です。

漆黒の器の内側に星のような模様がついています。

ずーっと見たいと思っていた茶碗です。

完全な形で残っている曜変天目は世界で3つだけ。

その3つ全てが日本にあり、その1つが静嘉堂所蔵です。

写真でしか見たことがありませんでしたが、私は静嘉堂の曜変天目が一番いいなぁと思っていました。

建物の中に入ると結構人がいたので、

きっと曜変天目は大混雑なんだろう・・・と思ったら、そうでもない。

人がほとんどいません。。。ラッキー❤

しゃがみ込んで外側、内側とじーっと見てしまいました。

なんて綺麗なんだろう・・・。

この曜変天目は元々徳川家所有で、こんなエピソードがあるそうです。

三代将軍家光が疱瘡に罹った時、乳母の春日局は、家光の平癒と引き換えに自分は生涯薬を飲まないことを誓い、家光は快復しました。

その後春日局が病に侵された際、春日局が薬を飲まないと聞かされた家光は、この曜変天目に薬を入れ自ら春日局に飲ませようとしました。

しかし春日局は、感涙しながらも着物にそれを流し入れ飲んだフリをし誓いを守ったのだとか。。。

この時この曜変天目は春日局に下され、その後春日局の元の嫁ぎ先である稲葉家所有になったのだそうです。

そんな歴史も感じたり、果てしない宇宙のような神秘的な模様に、いつまでも見ていたい気分でした。

天下の名器と言われたのもうなずけまず。

会場を出る時には、入場制限がかかっていて行列ができていました。

*静嘉堂文庫美術館*

東京都世田谷区岡本2-23-1
TEL.050-5541-8600(ハローダイヤル)

開館時間
午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)

入館料
一般1000円(800円)、大高生700円(500円)

世田谷での最後の展示
「旅立ちの美術」2021年6月13日まで

+2

お気軽にコメントください

いただいたコメントは、承認後に反映されます。

トラックバック URL

https://enjoy365days.com/spot-48/trackback/

PAGE TOP