住宅街に古墳 艸墓古墳(くさはかこふん)

私は小さい頃から歴史が好きで、小学生の頃にハマっていたのはエジプト史でした。

その頃の将来の夢は、考古学者になってエジプトで発掘調査をすること。

その後、興味はエジプト史からヨーロッパ史に変わってしまいましたが、発掘・探検には未だに興味があります。

だからその流れで?日本の古墳も大好きです。

聖林寺から安倍文珠院に行く途中、艸墓古墳に寄ることにしました。

google mapが示すのは住宅街の中。

住宅街に古墳?と思いながら歩いていると、見逃してしまいそうな看板を発見。

えっ?この先?

不安になりながらも歩いていくと・・・

ジャーン!ありました!

桜井市教育委員会の説明↓

墳丘は、阿部丘陵の小突起部を利用した、北西面・東南面がやや長い、長辺が約27m、短辺が約21mの、戴頭長方錐形の方墳である。埋葬施設は、南東に開口する両袖の横穴式石室に、竜山石製のくりぬきの家形石棺を安置する。石室の規模は、全長13.16m、玄室幅2.71m、同長さ4.44m、同高さ2.0m。側壁・天井石の間隙は漆喰を充填する。石棺の規模と石室の規模から、石棺を安置したのち、石室を構築し墳丘を築いたかと考えられる。

中に入れそうです。暗いけど、勇気を出してイザ!

おぉ!!石棺が!!

ちょっと感動です!

これまで古墳はいくつか見てきましたが、本物の石棺があるのは初めてのような。

この石棺の中には何が・・・!?

インディージョーンズ?ハワード・カーター?にでもなった気分でワクワクしました。

でも残念、このお墓は盗掘にあっているようで、副葬品も見つかっていないのだとか。

なので、築造時期は限定できないけれど、石室が岩屋山式石室の変形である点、石棺の形式などから、7世紀中頃に築造された方墳と考えられるのだそう。

7世紀の空間に入れるなんて、石棺があるなんて、とにかく興奮の古墳でした。

こんなものが住宅街にあるとは・・・さすが、奈良!!

 

*艸墓古墳(くさはかこふん)*

桜井市谷657




+5

2 件のコメント

  1. 587235-33says: 返信

    こんにちは

    こちらも 楽しく 拝見させて貰っています。

    「住宅街に古墳」
    私の生まれた、千葉県木更津市にも「金鈴塚古墳」という古墳が有りまして、艸墓古墳と同じで、まさしく「住宅街に古墳」です!
    既に お知りでしたら、余分な話しですが・・・

    規模は小さいのですが、名前の由来にもなった「純金の鈴」が5個(直径1cm)と、出土した「刀の数」か多いので
    地元では有名です。
    残念ながら、案内看板は無くて 地元でも場所を知っている人は少ないです。

    それでも「郷土博物館 金の鈴」という、金の鈴や その他の 埋葬品の 保存館があるので、そこに行けば 金鈴塚古墳から 出土した物が 全て見ることが出来ます。
    現在 リニューアル工事中ですが、間もなく開館の予定です。

    もし ご興味が 有りましたら「金鈴塚古墳」で検索してみてください。

    茶茶こむさんには、箸休めにも成らない話しを 長々と スミマセンでした。

    ブログ同様、こちらも楽しみにいています。
    これからも 宜しくお願いしますね。

    0
    • chachakomsays: 返信

      フウトさんは木更津ご出身なのですね!
      木更津は三日月とアウトレットによく行きました!
      でもそれしか知らず・・・。
      古墳もあったのですね。
      そういえば、千葉も古墳いっぱいありますね。
      金鈴塚古墳、検索しました。
      博物館と一緒に行ってみたいなぁ!
      素敵な情報ありがとうございます(^-^)

      0

お気軽にコメントください

いただいたコメントは、承認後に反映されます。

トラックバック URL

https://enjoy365days.com/spot-51/trackback/

PAGE TOP